2015年01月07日

土地探しはどうだったのか

しばらく建築に関してはネタがないはずなので、土地探しがどうだったのかという話を書いておくことにします。

現在東海村に住んでおりますが、そんなに不便でも無いのでそのまま東海村に土地を買おうと思っていました。
嫁さんもサークルなどで東海村に知り合いができていたので、当然の流れでした。

しかし!

そう簡単に進む話では無かったのです。


東海村の土地情報を調べてみるとわかるのですが、けっこう土地はあるんです。
しかも値段もそこそこ安い。これなら楽勝・・・と思ったのもつかの間。

東海村はいわゆる市街化調整区域(既存集落制度)と言われるエリアがほとんどを占めており、簡単に家を建てることが出来ないのです。

既存集落制度とは、いたずらに農地を転売したり農地以外の目的で土地を使用させないための古臭い法律であります。ただその土地の所有者の子供などにまで家を建てさせないのは横暴と言うことでしょうか、家族であれば土地を住居のために使用することは許可が出れば可能となります。
じゃあよそ者は永遠に土地を買えないのかというと、そうではなくその住所もしくは隣のエリアに10年以上住民票があれば買えるんです(つまり11年目から買える)

自分は7年目だったのであと3年待てば市街化調整区域を購入する権利が得られるわけですが、消費税の問題やもしかしたら独立するかもという事を考えると悠長にもしていられない状況でした。

ここで選択肢が2つになります。

1.市街化区域を買う
2.東海村以外にターゲットを変える

1は当初検討しました。市街化調整区域に比べると値段が倍近く選択できる土地は多くありませんでした。無理して東海村に建てるということは建物の予算が大きく削られる事を意味します。ここならいいかなと思った土地が約80坪の旗竿地で1200万円。やはり高いと思いました。

そこで2を考え始めました。東海村に住んでいる方はよくわかると思うのですが、休日の買い物や外食などで行く先は東海村よりもひたちなか市の方が圧倒的に多いと思います。ですのでひたちなか市に住んだほうが何かと便利なのではないかと考えました。出身地の日立市は渋滞がおおく不便なので対象外でしたw
ひたちなか市の土地を調べると選択に困るほど多くの土地が見つかりました。

しかし!

今度は条件に合う場所がなかなか見つからない状況でした。
条件として、だいたい70坪以上、静か、小学校が近い、比較的新しいエリア、予算1000万以下という感じです。
広さに関してはけっこう条件をみたすところが多くありましたが、とんでもない狭い路地の突き当りとか、昭和40年代に作られた団地の空き地とか、近所にヤクザが住んでるとかw、引っかかるところが必ずありました。
新規の住宅地が造成され、販売しているということで不動産を尋ねたら20のエリアが完売していたとかというのもありました。こんな田舎でも新しいエリアは速攻で売り切れるようです。
ほぼ条件にあっていたものの、線路の目の前というところもいくつかありました。自分は静かじゃないとダメな人間なので問題外でしたw
あとは小学校ですね。ある程度子供が大きくなれば距離はどうでもいいですが、低学年の頃に2km以上歩くとかさすがにかわいそうだと思い、考慮にいれました。調べてみるとわかるのですが、やはり小学校付近の土地は大変な人気らしくまず売ってません。売ってたとしてもかなりお高い感じでした。
これらの条件を検討した結果、現在の土地にたどり着きました。
目の前の道路がボコボコで狭いとか、日当たりが良くないとか、駅が遠い等のデメリットはありますが、それ以外の条件にはあっていたので見つけた瞬間即決でしたね。
旗竿地なのでガレージへのアクセスがやや良くないのですが、慣れればなんとかなるでしょう。
posted by iWorks at 00:00| Comment(0) | 日記

2015年01月05日

さーて現在の状況は??

あけましておめでとうございます。
いよいよ今年完成する予定です。

現在の工事の進捗ですが、基礎ができた段階でストップしています。
もともと基礎だけは先に作っておくというプランニングでしたので、予定通りとも言えます。
先日設置予定の螺旋階段を見てきました。デカイです。
これを基礎のアンカーボルトに固定します。
後から付けられないので真っ先に取り付ける必要があるのですが、あまり早く固定してしまうと近所のお子様の遊び場になってしまうおそれがあるので、全体の組み立ての直前に同時に取り付けるということです。
2月中旬くらいから工事が再開されるということなので、それまでは何も起きないと思われます。
まだホビースタイルと正式な契約をしていないので、今週中に契約を締結します。
posted by iWorks at 00:00| Comment(0) | 日記